温泉のうんちく
温泉って、リラックスできて本当にいいですよね。のんびり湯船につかって「あぁ〜!」ってね。^^ でも、ちょっと温泉の知識なんかがあると、もっと温泉を楽しめますよ。日本の温泉から世界の温泉まで、いろんな温泉のうんちくをまとめてみましたので、覗いて見てくださいね。「何を覗くの?」ってツッコミはなしでお願いします。^^;
Top 温泉のうんちく ; > 酸性とアルカリ性の温泉

酸性とアルカリ性の温泉

温泉に行くとなんだか肌がツルツルして「いい感じ!」って思うことがありますよね。
でもその反面、なんだか肌が乾いて、カサカサする感じになっていることってないですか?

温泉の成分を大きく分類すると、酸性とアルカリ性の温泉があります。
ここでは、酸性の温泉とアルカリ性の温泉の違いについて見ていきます。


まずアルカリ性です。
アルカリ性の温泉は、肌の角質層を溶かす働きがあります。
そして、皮膚の表面に石鹸に似た成分を作ってくれます。
これが肌がツルツルになり理由だったんですね。

あのツルツル感、何とも言えませんよね。
何歳も若返ったような気持ちになりますから、心も体も「癒された〜」って感じになりますよね。^^
温泉に行って、幸せに感じる一瞬ですよね。


と、一方酸性の温泉の場合は、どうなんでしょう。
酸性の温泉は、殺菌力があります。
この殺菌力のため、皮膚の表面の油分を分解するので肌が乾燥しやすくなります。

温泉に入って、肌がカサカサする感じになっていたのは、このせいだったんですね。
温泉に入るときに、いちいち成分をチェックしている人も少ないでしょうから、あまり気付かない方も多いんでしょうね。

温泉に入って時に、ヌルッとした感じじゃなくって、チクチクッとした感じを覚えたことはありませんか?
(表現はイマイチですが。^^;)
あの感じが酸性の温泉ですね。

効能はそれぞれですが、入った感触も、あの感じはあれで結構好きです。^^


温泉は、それぞれの温泉で成分や効能が違いますから、もしそ温泉に行く目的が、効能や入浴した時の感じということであれば、是非温泉の成分も調べてから行ってくださいね。
疲労回復のカギ カナダ旅行のおすすめスポット フィリピン旅行のおすすめスポット 肩コリを解消する体操とツボ スキンケア肌美人
 
Copyright (C) 2008 温泉ガイド〜温泉地の紹介とうんちく〜 All Rights Reserved.